MT-FIMMPROP

A revolution in Photonic Integrated Circuit Modeling EME. EME法(Eigenmode Expansion) で大規模なフォトニック集積回路の伝搬計算2D/3Dモデルの内部反射を考慮したシミュレーションを可能にした最先端ソフトウェア

デモをリクエスト
FIMMPROP

マルチトポロジー (MT) FIMMPROP は、Photon Design の新しい革新的な設計環境です。 レイアウトとシミュレーションの役割を組み合わせた MT-FIMMPROP は、PIC の設計時に 2 つの設計環境間を往復する煩わしい必要性を排除します。

Applications:

  • MZI(Mach-Zehnder Interferometer)
  • 大型リング共振器
  • PIC全体の光学性能評価
  • コンポーネントデザイン
  • レイアウト設計
  • デバイスシミュレーション

image

フォトニクスコンポーネント設計・回路シミュレーションに加えて

レイアウト/マスク生成までを1つのソフトウェアに統合!

image

  • 柔軟なレイアウトエディター
  • スキャナインターフェイス機能を搭載し設計パラメータを簡単にスキャンすることが可能
  • 実際の設計レイアウトによる完全なPICシミュレーション
  • GDSⅡデータエクスポート機能

Modeling a long arm Mach-Zehnder Interferometer

image
image

ロングアーム マッハ ツェンダー干渉計 (MZI) は、MT-FIMMPROP を使用して効率的かつ正確にモデル化できるタイプの構造の一例です。

MT-FIMMPROP は、Cherchi et alによって提案されたインターリーバー設計をモデル化するために使用されます。 これは、パワー スプリッターとしてカスケード接続された MZI とマルチモード干渉計 (MMI) に基づいています。

スキャナー機能を使用すると、右のようなデバイスの応答を取得できます。 結果は、この設計がフラットトップ応答を持ち、基本的な MZI 設計の正弦波応答を改善していることを示しています。

image

Modeling a large ring resonator

大きなリング共振器は、デバイス内の導波路に適合する計算領域をシミュレーション技術を使用して定義する方が大幅に効率的である良い例です。


この図に示されている二重リング共振器の例 (半径: 30um) は、赤いハッシュの計算領域のみを使用してモデル化されています。 したがって、リングの中心にある大きな領域を不必要に計算に含める必要がなくなりました。

image

さらなる利点は、導波路に適合する計算領域を使用することにより、各計算領域で必要なモードの数が最小限に抑えられることです。


さらに、このシミュレーションでは、反復コンポーネントの S 行列を再利用して効率を向上させる MT-FIMMPROP の機能も利用しています。 バスリング結合領域は一度計算するだけで済みます。


image
image

内蔵スキャナ インターフェイスを使用して波長をスキャンすると、デバイスの左上のポートから左下のポートへの伝送と、左上のポートから右下のポートへの結合を確認できます。 


この図は、左上のポートにモード 1 を注入したときの、1.55262um 波長でのデバイス全体の Hy フィールドのプロットを示しています。